近視とは

近視には仮性近視、屈折性近視、軸性近視があります。厳密に言うと、仮性近視も屈折性近視に含まれますが、わかり易くする為に分けて説明します。近視が進む典型的なパターンは、仮性近視→屈折性近視→軸性近視という流れになります。眼のピント調節作用をになうのは、レンズである水晶体と、その水晶体をを動かす筋肉の毛様体筋です。水晶体には弾力性があり、毛様体筋の動きによって変形します。毛様体筋が収縮することにより厚くなり、弛緩することで薄くなります。

出口隆の「楽々視力アップマニュアルの評価とは?

近くの物を見る時には、毛様体筋は緊張し、水晶体を厚くします。反対に遠くの物を見る時には弛緩し、水晶体を薄くします。近くの物を長時間見ていると、毛様体筋は緊張が続く為、凝ってきて動きが悪くなり、水晶体を薄くする調節ができにくくなります。この状態が仮性近視です。